メディケアの歯科、ビジョン、補聴器の給付について(12/3/2022)

メディケアには、歯科、ビジョン、補聴器の給付について混乱するシニアの方が多いです。

オリジナル・メディケアには、これらの給付はついていません。

・一方でメディケア・アドバンテージ(民間型メディケア)には、追加給付として、これらの給付がついていることがあります。アメリカ人の高齢者の相談を受けていると、歯科や補聴器給付に魅力を感じて、オリジナル・メディケアからメディケア・アドバンテージに変更する人が多いように感じます。

・メディケア・アドバンテージの歯科、ヴィジョン、補聴器給付は、おまけのようについている場合(このタイプが多い)と、追加保険料を払うタイプの2つがあります。前者の

・おまけタイプの場合、例えば歯科給付は、上限金額が500ドル~1500ドルぐらいで、歯科医ネットワークが限定されていたり、クリーニング程度しかカバーしないこともあるので、歯科給付が必要な方は、加入前にどのような給付内容、歯科ネットワークを確認してみてください。

・インプラントや本格的な歯科治療が必要な場合、歯科給付の追加保険料を払うタイプや、歯科保険に加入することをお勧めします。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s